住宅ローン

金融機関でのローンの利用方法

金融機関、特に銀行でのローンカードはお得に利用できる方法があります。急な出費の際にはもちろん貸付してくれますが、最大の利点は毎月のクレジットカードや公共料金などの引落し時に口座が残高不足になっていた場合は自動的に引落し分の金額を貸付してくれます。そのため、うっかりしていて金融機関の口座への入金を忘れていた場合はとても助かります。返済も簡単にでき、ATMから入金でき手数料もかかりません。早く返済すれば日割り計算のため利息も安くすみます。注意点は、毎月決められた支払日に一定の金額を返済しなければならないこと、又ほとんどがリボルビング払いのため借り過ぎないという点です。

住宅ローンをお得に利用するには

金融機関から住宅ローンを借りる場合は、出来るだけお得に借りる方法を知っておきたいです。ローンで最も気になる点は利息ですが、返済完了までに支払う利息は出来るだけ抑えたいです。それにはもちろん借入額を抑えたり借入期間を短くしたりする方法もありますが、他にも資金的に少し余裕があれば繰り上げ返済を検討することなども大切です。また毎月の元金の返済額が比較的少ない元利均等返済よりも毎月一定額の元金を返済して行く元金均等返済を選択する方が、長い目で見れば利息の総支払額に大きな差が出てきます。各金融機関によって金利などの融資条件は違ってきますので、長期間にわたる返済負担を出来るだけ抑えるためには借入前にしっかりと検討することが大事です。

↑PAGE TOP