住宅ローン

資金調達の新たな選択肢

資金調達と聞かれると、お金の融通を利かせることが連想されます。消費者金融を利用した個人の借り入れや、銀行・信用金庫からの融資が挙げられ、ともに高い金利の負担が重くのしかかってしまいます。こうした取り組みにテコ入れした資金調達の一つに、制度融資と呼ばれる方法があります。制度融資なら、信用保証組合が保証することによって、金融機関より借り入れがしやすくなります。そのため、最大3000万円の借入額に加え、2%台の低金利を実現しています。

↑PAGE TOP