住宅ローン

手形割引はデメリットが多い

報酬を約束手形の形で受け取らなければならないこともあります。約束手形は、期日が来るまでは現金としてつかうことができません。しかし、それでは生活に困ってしまうことも当然想定されます。そういうときには、この約束手形をお金として使うことができる制度があります。その制度を手形割引と言います。ただし、手形割引を行うためには、一定の条件を満たす必要があります。手形を割るということは、一時的に銀行からお金を借りるということを意味します。つまり、その分の利子を、本来の報酬から差し引かなければなりません。

資金繰りは3ヶ月先まで考える

企業の経営者が最も重視すべき数字は、資金繰りの予測です。例えば数週間後に資金が枯渇してしまうことがわかり、慌てて融資を申し込むなどの金策に走っても、対策が間に合わなくなる恐れがあるばかりか、融資する金融機関にも警戒され信用を失うことにもなりかねません。経営者は最低3ヶ月先の資金繰り予測を考えておく必要があり、万が一に、資金が不足となることが予想される場合でも、3ヶ月間あれば新たな借入をするなどの対策を余裕を持って行うことが可能です。

↑PAGE TOP